セミナー情報を見る ココロクラウド お問い合わせ

【コラム#102】リモートワーク下でのラインケア

【コラム#102】リモートワーク下でのラインケア

みなさん、こんにちは。株式会社ヒューマン・タッチの森川です。

リモートワークと出社での勤務や、フルリモートでの勤務など、ニューノーマルな勤務が広がる中、「リモートワーク下でのラインケア研修」のニーズが高まっています。

管理監督者へのアンケートの中でも、

「コミュニケーションが一方通行になる」

「他部署との連携が難しい」

「状況が見えづらい」

「文章を打つのに時間が割かれる」

といった声があがっています。

今までの「職場」は、物理的に同じ空間に人々が集まる場を指していました。同じ空間の中が前提で、「売上や利益」と共に「ウェルビーング」をどのように上げていくかを私たちも考えてきました。

働きやすい職場づくりとして、明るさや匂いまた机の配置などから、コミュニケーションの視点での気持ちの伝え方や、苦手な人との付き合い方など幅広い分野での「職場環境改善」です。これからの「職場」は、自宅やカフェなど、「異なる空間」の集合体を指すようになるのだと思います。

「異なる空間」での「職場環境改善」や「安全配慮義務の履行」については、試行錯誤が始まっているのが現状だと思います。エビデンスがあるわけではないですが、現時点で私が考える、管理監督者に求められる「異なる空間」の集合体での「職場環境改善」と「安全配慮義務の履行」のヒントを以下に記します。

 

・「安心安全な環境を作る」→安全基地として居場所づくり、ねぎらいと相手を認める姿勢

・「上司の力を明示する」→上司自身の信憑性を高める

・「マネジメントは【感情労働】であると認識する」→傾聴、笑顔、言葉使い、ジェスチャー

・「いつもとの違いを知る」→各種ツールの活用、「け・ち・な・の・み・や」リモートワークバージョン

・「接触可能性を高める」→one on one の活用

・「働きがいを高める」→「個人の価値」と「職場の価値」の明確化と摺合せ(重なりの再認識)

 

それぞれの内容で、セミナーの際には時間をさけるようなボリューム感ですが、上記の視点や要素が、職場の環境に応じて必要になるのではないでしょうか。

 

投稿日:2022.10.21
ページ先頭へ