セミナー情報を見る

【コラム#42】#おうちでできるセルフケア

【コラム#42】#おうちでできるセルフケア

みなさん、こんにちは。森川です。

緊急事態宣言が5月末まで延長となりました。
千葉県は、引き続き外出自粛のようです。

前回のコラムにも書きましたが、1人の状況に「心地よさ」を感じ、
気持ちが安定する方もおられます。

ただ、新規感染者数が減ってきているとはいえ、
ワイドショーを見れば、日本政府への批判や経済の先行きの暗さ、
また、困窮している方の生の声など、
こころを締め付けられるような言葉が目に入ってくる毎日では
「コロナうつ」「コロナ疲れ」を感じる方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

弊社のツイッターでは、「#おうちでできるセルフケア」として
社員それぞれが行っている、在宅勤務中のちょっとした「工夫」を紹介しています。
以下、抜粋です。みんな、それぞれ工夫してますね!

◆社員Kは「べランダでストレッチ」。在宅だとPC前にずっといて動かない。座りすぎ。お尻が痛い。
そんな時は少しでも日光を浴び外の空気を吸ってリフレッシュ!

窓際でもよいかも。青空気持ちいいですね!

◆在宅勤務、仕事を終えた後も、仕事のことが気になる・・・
そんなときは、業務終了後、「ただいま!」と元気に言います。言葉の力を借りて、気持ちの切り替えを。社員Sでした。

◆人間は、その日の天気や気温、気圧、風の強さ、太陽の光の強さ、などなど。
何気ない環境からもストレスを受けているものなのです。
特に、ストレスを感じやすい人、いろんなことに敏感な人は、
何気ない環境の変化で体調を崩しやすい。
「今日はツライな…」と思ったらいつもよりも、ゆっくり行動!

◆「不安」に注意を向けない、を意識しすぎると、
それ自体「不安」を作り出すことありますよね。
長年の患者さんの表現なのですが、
「不安をなくそう」とする努力は「不安を再生産する」ので、
そんな時は「小さな快」を見つけることに集中するそうです。「愛犬のいびき」

 

日本の人事部ホームページ、弊社ダウンロード資料「自粛疲れ・コロナうつに負けない!こころの健康維持のコツにもご参考になさってください。
最新記事は、『日本の人事部』(人事キーパーソン、インタビューコラム)を御覧ください。(毎週連載)

投稿日:2020.05.08
ページ先頭へ