セミナー情報を見る

【コラム#40】お家で出来るこころの体操②

【コラム#40】お家で出来るこころの体操②

みなさん、こんにちは。森川です。
 
前回のコラムから、「お家でできるこころの体操」として
セルフケアのヒントをお伝えしております。
今回は「生活リズム」について、ご紹介させてください。

在宅勤務や外出規制が続き、皆さんの体調はいかがでしょうか?
眠れない、寝つけない、眠りが浅い、元気がない、食欲が落ちる、つらい・不安に感じる。
このような心身の不調は出ていませんか?

これらは、生活リズムが乱れたときに表れやすい心身の不調です。
「こころの健康」のためには、一定の生活リズムを保つことがとても大切です。

■毎日決まって行う日課を設定する。
■一定時間を屋外で過ごすようにする。※3蜜の状況を避け、1人で過ごせる場所で。
■外に出られなくても、少なくとも2時間は窓際で過ごし、日光を浴びながら、心落ち着ける時間を持つ。
■毎日、運動をする。同じ時間に食事をする。
■毎日、同じ時刻に、電話やオンライン通信を使って、他の人とコミュニケーションする予定を持つ。
  LINEなどでもOK.

日本の人事部ホームページ、弊社ダウンロード資料「自粛疲れ・コロナうつに負けない!こころの健康維持のコツに」に詳細を掲載しております。

毎日、一定の生活リズムを保つことが、つらい気持ちを和らげることに役立ちます。
生活が混乱しているなかでも「いつもの生活リズム」を保つように、心がけることが大切です。

参考:日本うつ病学会
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的下における、こころの健康維持のコツ先のえない中であっても、 日常の生活リズムには気を付けよう」
最新記事は、『日本の人事部』(人事キーパーソン、インタビューコラム)を御覧ください。(毎週連載)

投稿日:2020.04.27
ページ先頭へ