セミナー/研修ナビ

このナビゲーションでは、メンタルヘルス対策の中で重要な教育研修についてお伝えしていきます。

ポイント

■どのような教育研修がありますか?
メンタルヘルス研修では、管理監督者の方向けの「ラインケア研修」と、一般従業員向けの「セルフケア研修」が最も大きな分類といなります。もちろん、管理監督者にもセルフケアの知識は必要ですし、管理者でなくとも、部下やマネジメント対象者がいる場合には、ラインケア研修の要素も必要になってきます。参加者の属性や、組織のニーズに合わせて柔軟に内容は組み替えられることが一般です。

最近では、一般的な情報をお伝えする研修に加えて、個別の内容を深堀するような研修も実施されるようになってきました。毎年1回必ず研修を実施する事業場などでは、よりニーズに合った専門的な内容を希望するケースも増えてきています。

■なぜ教育研修が必要なのですか?
・不調者を出さない「一次予防」の中では、管理監督者による、いち早い不調者の「気づき」と専門家への「つなぎ」が重要になります。そのためには、「いつもとの違い」に「気づき」、部下の話をしっかりと「聴いて」あげるスキルが求められます。ラインケア研修は、「生き生き職場の構築」の意味合い、「健康配慮義務」の考え、などをお伝えすると共に、これら必要なスキルを身に着けていただく場なのです。
・また、一般従業員の皆さんにも、自らの不調にいち早く気づき、必要な措置をとることが求められています。これらの取り組みをセルフケアと呼びますが、「セルフケア研修」は必要な知識やスキルを個別に身に着けていただく機会となります。

■どのような教育研修を実施すればよいですか?
・毎年、ラインケア研修1回、セルフケア研修1回、行っていただくことが一般的です。もちろんラインケア研修は1度に全員が集まることができなければ複数回に分けたり、ビデオ録画やビデオ教材、またeラーニングと呼ばれるインターネットを活用した教育研修の実施も多くなってきました。
・「心の健康づくり計画書」で定めた長期計画にそって、毎年の内容を検討してみてください。

■eラーニングの利点
・近年、インターネット環境は大きく進化し、多様な情報をお手軽に得ることができるようになりました。メンタルヘルスの教育研修の分野でも、インターネットを用いたeラーニングと呼ばれる学習が盛んになってきています。メンタルヘルスのハジメでも、トータルパッケージプランの中に、効果のある(認知行動療法のエビデンスを有する)eラーニングコンテンツをご提供しています。

 

ラインケア/セルフケア研修資料  多様なセミナー

 

メンタルへルスのハジメ 支援メニュー活用事例

従業員数60名の製造業(ビニール製品)様
 「トータルパッケージプラン」購入。
  毎年1回、ラインケア研修とセルフケア研修を交互に実施(コンサル2時間利用

ご契約者様ログイン

  • 小冊子プレゼント
  • 中小零細企業向けメンタルヘルス対策のツボ!
  • よくある質問
  • コラム

運営会社:株式会社ヒューマン・タッチ

〒273-0864 千葉県船橋市北本町1-17-25
TEL:047-407-4712
FAX:047-407-4713

Copyright (c) 2014 Human-Touch Co.,Ltd.. All Rights Reserved