セミナー情報を見る

【コラム#46】「新しい生活様式」と行動変容

【コラム#46】「新しい生活様式」と行動変容

みなさん、こんにちは。森川です。

「新しい生活様式」が始まりました。
業務にもどっている方も多くいらっしゃると思いますが
マスクの着用は必須ですね。
諸外国でも、公共の場所ではルール化されてきている、
とききます。
 
マスクをすること自体には比較的なれているとはいえ、本格的に暑いシーズンでもマスクをすることは、
私も含め、未経験の方がほとんどではないでしょうか。

 アベノマスクは届きましたが、サイズの問題もあり、今までは使い捨てのマスクを利用していました。
徐々に蒸し暑い必要が多くなる中、使い捨てマスクの中でかく汗を不快に感じつつありました。

そこで、思い切って「布製マスク」。
それもアウトドアメーカーの作る通気性の良いものを購入し利用してみました。

 前回の「行動変容」のコラムの話題でいえば、「関心期」を経て「準備期」に至ったということですね。
私は「無関心期」からどうして「関心期」「準備期」に移行できたのか、改めて考えてみました。


毎朝見る情報番組で、最近話題の品を紹介するコーナーがあるのですが、夏に向けて
ひんやり涼しい、通気性の良い、なおかつ飛沫を防ぐ、などのうたい文句のおしゃれなマスクが紹介されていました。
マスクに控えめにつけられたブランドのロゴが、存在感
を示し、純粋に「かっこいい」と思った記憶があります。

「関心」を覚えて、自分でもやってみようかな、と思った瞬間です

購入まで至ったのは「かっこいいな」という感覚ですね。

結果「準備期」に入り今日から着用しています。
着用してみて、呼吸のしやすさ、冷感の気持ちよさ、
これらの体験は、経験を維持する要因として働いています。
あとは洗濯してみて、利用感が変わらなければ、「維持期」に移行できると考えられます。

「行動変容」の出来上がりですね!
自分の行動一つでも、分解してみるとなかなかに面白いものです。

 

投稿日:2020.06.10
ページ先頭へ