【ヒューマン・タッチ レター vol.05】 ストレスチェック制度と職場環境改善

【ヒューマン・タッチ レター vol.05】 ストレスチェック制度と職場環境改善

ストレスチェック制度と職場環境改善 ~臨床心理士が教える具体的事例~

 

みなさん、こんにちは。ヒューマン・タッチ森川です。

 

ストレスチェック制度が始まって、はや5年目になろうとしています。

先日、制度設計に関わられた方のセミナーにておうかがいしましたが、

そろそろ制度の見直しが行われるタイミングとのこと。

 

では、どのようなことが見直しの議題とされているのでしょうか。

 

弊社では、10年以上ストレスチェックサービスをご提供しておりますが、

義務化になり「やらねばならない」と決まってから、頂くご意見の中には

 

「チェックを実施して何か変わるのか?」

「毎年同じ問題で大丈夫なのか?」

「設問内容が業界の特殊性に合致していない!」 など・・

 

ストレスチェックと職場環境改善を組み合わせた場合には、改善結果はしっかりと出てきているのですが、

ストレスチェック単体実施に関する課題は山積である、というのが現実問題です。

 

私個人としても、恐らく設問内容に対する見直しが入るのかと想像しておりますが、

その方の個人的なご意見では、さらに

 

「職場環境改善の義務化」

「50人未満の事業場の義務化」

 

も検討課題に上がるのではないかとのこと。

 

努力義務であった「職場環境改善」の義務化や、実施対象外であった「50人未満の事業場」での実施義務化は

非常に大きなインパクトがあると感じています。

 

職場環境改善まで取り組まれている企業様は、正直まだまだ少数派です。

しっかりとしたエビデンスのある取組みをするには、人もお金もかかります。

効果的な職場環境改善の取組みについて、さらに模索する必要性を感じております。

 

■上記、森川代表による専門家コラムは、

『日本の人事部』(人事キーパーソン、インタビューコラム)に、毎週連載しております。

 

是非、そちらのサイトも御覧下さい。

日付:
ページ先頭へ